ビジネス

当たり前の基準がどこにあるかで結果が変わる

皆様の『当たり前の基準』はどこにあるでしょうか?
時間、目標達成、頼まれごと、準備、振る舞い、習慣…
人によってこれらの『当たり前の基準』は本当に千差万別です。

私自身も最近在宅ワークが急激に増え、『当たり前の基準』を下げないために自戒の意味も込めて書きます。

面接準備の例

例えば、私は転職相談を一部の生業としているのですが
『面接の準備してきてください』
に対する求職者のアクションは大きく変わります。

①何も準備してこない。

②とりあえずやっつけで2行くらい質問回答表の準備をしてくる。

③「どのように答えたら効果的か?」を自分で調べ、面接官に3回「なぜ?」と聞かれても答えられる準備をしてくる。

④さらに、誰かとジェスチャーや話し方の実践練習までしてくる。

⑤加えて、身なりや髪型までもその会社に合わせて変えてくる。

このように『当たり前の基準』のバラツキが散見されます。特に私が支援している成果報酬型の営業領域では『当たり前の基準』が低ければ「活躍できない人間」と面接では評価されてしまいます。 当然①~②は準備不足と一蹴され、③〜⑤の人たちは面接通過率は高くなります。

成果報酬型の営業組織と当たり前の基準

私が勤めていた成果報酬型の外資系保険会社では、アポ取り一つとっても…

①目標アポ数に届かず毎回妥協する

②目標アポ数を達成する

③達成したいKGIから逆算してアポをより多く入れる。

④No.1獲得の為に自分の限界ギリギリまで全てのアポを前倒しする。

と、人によって基準が千差万別でした。

収入がなくなり生活すらも厳しくなる人は
①の目標アポ数の達成以前に、そもそも会社にも来ないでサボっている人が多かったです。おそらく、一つの妥協が次の妥協を生み、その結果サボり癖が定着し、プロ意識や覇気もなくなり、働けない人間になってしまったのかと思われます。

逆に、大きく成功していた人(年収5000万円超)は
ほぼ全員が④でした。自分の能力値限界ギリギリまで攻めているので、PDCA速度も凄まじく『仕事の質』が大きく高まることも相まって、記録を毎年更新してきます。そして、その基準の高さが目つきや言動、オーラに現れてきます。

基準を高めるには

自分の『当たり前の基準』を引き上げたいなら、基準の高い人や基準の高い環境にいることです。そして、自分の当たり前という常識を刷新するべきです。

当然、基準の高い人は低い人を嫌うので居心地は悪いでしょう。それでも、その人の期待値を超えるような努力を継続して、習慣にしてしまえば『当たり前の基準』も上がっていることでしょう。

転職を考えている方は「企業が求めている基準がどのレベルなのか?」をしっかり把握し、現状と要求される基準の差分をしっかり埋める努力が必要です。

ABOUT ME
川端 謙斗
エンジニアから営業マンに転職し、営業管理職をしておりました。 現在は株式会社オメガイノベーションの代表取締役をしています。 筋トレが趣味です。 築古物件投資もしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です