ビジネス

面接官やってて思うこと・アドバイス

最近面接官をやっていて、口頭表現力が低い人と会う頻度が多く、中々その人の良いところを引き出せず大変なことが多い…

具体的には、

・そもそも何を言っているかわからない。
・え?結局何が言いたかったの?
・「えー、あー」が多く話が頭に入ってこない。
・最後までこっちの質問を聞かず、被せ気味で話してくる。
・話が抽象的すぎる

という方が最近多く、これでは面接官も非常に疲れます。当然、その人に対する評価も下がります。口頭表現力の低さは、面接だけではなく今後の人生においても不利益となることが多いでしょう。

「あの先輩の指示よくわからないっすね」

「すみません、もう一度説明してもらってもいいですか…?」

「お父さん何言ってるのかわからない〜」

こんな事を言われ続ける人生は嫌ですね。やはり口頭表現力を鍛えた方が、人生のプラスになるかと思います。

そんな面接官を務める私が、コミュニケーションに置いて気をつけるべきポイントをまとめます。それが以下の9点です。

①まずはリラックスしよう

「緊張しないように…緊張しないように…」と意識すると緊張している自分を想像してしまうのでより緊張するようです。そのため、リラックスしている自分を意識して心を沈めましょう。

②キョロキョロ目線や顔を動かさずに

人の印象は見た目がほぼ全てです。せっかく良い話をしていても、目線がキョロキョロしていたり、顔が小刻みに揺れていたり、姿勢が悪かったりするだけで、面接官の印象は最悪になります。良いエピソードを話してくれても、面接感の印象が悪ければ、その面接官はあなたの粗さがしモードに切り替わります。

③黙って相手の話を傾聴してから

傾聴の姿勢で、大物感を醸し出せます。食い気味にリアクションしていては小物に見えます。

④しっかりと間を開けて

緊張している人や、対人コミュニケーションになれていない人は、「間」というものを極端に恐れます。意図的に数秒間の「間」を作るだけで、これまた大物感を醸し出せます。

⑤結論→詳細の順に話す。

結論を先に話してくれれば、面接官は「あ、じゃあこのあとに結論に至った話を具体的にしてくれるんだな」と頭の中がスッキリします。いきなりつらつらと長ったらしいエピソードを話されると「こいつは今何について話そうとしているんだ?」と探りモードになり非常に疲れます。

⑥詳細は抽象的ではなく具体的なエピソードを話し、

これは、面接官の頭の中に絵が浮かぶように話すことが大切です。抽象的に話されれば絵に浮かびません。

⑦そこから学び得た気づきや教訓を交えると良し(簡潔に)

エピソードから何を学び取って、その経験をどう活かしているか。その経験を話してくれれば、「この人は学習能力がある人なんだな」と評価できます。飲みの場の雑談ではないので、きちんとした「話のオチ(アピール)」をつけましょう。

⑧そしてドックワード(えー、あー)は減らし

これはホントに耳障りが悪いです。こっちの集中力が持ちません。

⑨ジェスチャーを自然に効果的に使おう。

言語情報より視覚情報の方が情報量は圧倒的に多いです。そのため自分の話が絵に浮かぶように面接官の視覚に訴えかけ、ジェスチャーを効果的に自然に使いましょう。

⑩また、普段から表現のレパートリーを増やす努力をしよう。

そもそもの口頭表現力は、一朝一夕では身に付きません。
「どれだけ普段から言語に触れているか?(頭の中の思考・読書など)」「そしてどれだけ普段から相手に伝わりやすいアウトプットをしているか」に比例します。なので面接直前の人はせめて話す内容をWordにまとめ、面接の各想定質問に対して10回は口に出して練習しましょう。

以前メラビアンの法則について書きましたが、これらを意識するだけでもかなり印象は変わります。

準備してきた人間とそうでない人間はすぐにわかります。その姿勢も評価しています。何事も準備が全てです。そういった仕事に対するスタンスを持った方と一緒に働きたいものです。

ABOUT ME
川端 謙斗
エンジニアから営業マンに転職し、営業管理職をしておりました。 現在は株式会社オメガイノベーションの代表取締役をしています。 筋トレが趣味です。 築古物件投資もしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です