ビジネス

「転職しないとなぁ」と思い始めた人がとるべきアクション

「そろそろ転職しようかなぁ」

このブログを読んでいる方は、そんな風に思っている方が多いかと思います。

その選択肢が生まれた時に取るべきアクションについて説明します。

「転職しようかなぁ」の潜在的欲求は?

今の仕事に満足しているなら「そろそろ転職しようかなぁ」という選択肢はそもそも出てきません。

その選択肢が自分に中に発生したことは、現状に何かしらの不満がある可能性が高いです。

そんな心の警告を無視すると、無意識のうちに妥協してしまうので、今この瞬間から何かしらのアクションを取るべきだと私は考えます。

結論を言うと、以下の4ステップがおすすめです。

  1. 不満の言語化
  2. 解決策を考える・相談する
  3. 適切な環境を見つける
  4. 実行する

各ステップを説明します。

最初にとるべきアクション:不満の言語化

「そろそろ転職しようかなぁ」の選択肢が発生した時点で、現状に対する不満・不安が自分の中に発生しているはずです。まずは、その不満・不安点を言語化しましょう。抽象的ではなく具体的に。

抽象的なら「不安・不満」のままです。具体的なら「課題」になります。例えば…

〇何が不安/不満なのか?
・成長実感がなく、市場価値のない人間になってしまうのではないか?

・収入が上がらず子供が生まれた時のことを考えると生活レベルを大きく下げる必要があるのではないか

・頑張っても給料が変わらない、そのためいかに楽するかを考えてしまう。

・実務能力よりも上司へのゴマすりが上手な人が昇進していく。その状況に対して気持ち悪さを感じてしまう。

・同じ作業を繰り返す状況に飽きた。

など。そして、上記の課題の解決方法を考えましょう。

解決策を考える・相談する

自分の中に答えがないなら、誰かのサポートが必要かもしれません。

自分よりも人生経験が豊富な【組織外】の人間や、転職エージェント等を利用すると良いでしょう。

〇何が不安/不満なのか?
・成長実感がなく、市場価値のない人間になってしまうのではないか?
⇒成長実感を常に感じる環境に身を移し、市場価値を高める。

・収入が上がらず子供が生まれた時のことを考えると生活レベルを大きく下げる必要があるのではないか?
⇒①収入を上げていく。そのために市場価値を高めて転職する。
 ②生活レベルを上げず、資産形成を今のうちから行っていく。

・頑張っても給料が変わらない、そのためいかに楽するかを考えてしまう。
⇒①楽している時間で、将来について学ぶ。
 ②頑張ったら給料が上がる成果報酬型の仕事に就く

・実務能力よりも上司へのゴマすりが上手な人が昇進していく。その状況に対して気持ち悪さを感じてしまう。
⇒①ゴマすりも能力だと割り切って鍛える。
 ②実力主義の会社に転職する。

・同じ作業を繰り返す状況に飽きた。
⇒新しいことにチャレンジし続けられる環境に移る。

解決策を考えた結果、転職で解決できるなら転職すべきです。

ただし、自分の仕事に対するスタンスを変えるだけでOKなら転職する必要はありません。自分のスタンスを変える方法を考えましょう。

適切な環境を見つける「ヒトはなかなか変わらない」

とはいえ、人間は現状維持バイアスというものが存在します。

一度形成された上記の図のようなコンフォートゾーン(慣れ親しんだ環境・常識)の外に出ようとする時に、とてつもないエネルギーが必要です。

そのため、強制力を働かせるか、環境が変わらなければ大きく変わりません。

また、人はどうしても同じ環境に居続けると、どうしても染まってしまいます。

例えば
ネガティブな人が多い環境なら自分もネガティブに
ポジティブな人が多い環境なら自分もポジティブに

というように、周囲の人間から知らぬ間に膨大な影響を受けてしまいます。
(科学的に、ミラーニューロンという脳細胞が原因です。)

そのため、同じ環境にいながら自分の価値観・スタンスを一人でガラッと変えることは、強靭な意志力が必要となってきます。
(私自身はそんな意志力を持ち合わせていなかったので環境を変えるという方法を取りました。)

上記の2点から 「転職」という手段で強制的に環境を変えてしまうのも一つの手です。

実行する「恐怖と克服方法」

居心地の良い今の職場を出るのは恐怖がつきものです。これも現状維持バイアスが原因です。

①「外の世界に出たい」という願望
②「知らない世界に行く」という恐怖

常に振り子が揺れています。

そして決断のタイミングが近づくにつれて揺れ幅は大きくなります。

願望が強くなったタイミングで、揺れたブランコから飛び立つ勢いで飛び込むべきです。

なぜなら恐怖という感情が消えることはないからです。

これは、バンジージャンプから飛び立つ時と似たような感覚です。飛び立つその瞬間まで恐怖が消えることはありません。基本的には恐怖を抱えたまま、勇気を出して飛び立ちます。

そして、一度飛び立つと、2回目のバンジージャンプはさほど怖くなくなります。

転職1回目の人は、転職に対して必要以上に不安になってしまい、
転職2回目以降の人は、サクッと転職活動を進めていく。

この傾向は顕著に表れるのですが、ほぼ同じ現象です。

逆に、1度目の転職活動で、考えれば考えるほど現状維持バイアスが強くなり、外の世界に出られなくなります。バンジージャンプで飛び込めずに心が折れた人はもう二度と飛び立てないのと同じですね。

そんな時は、「なぜ転職しようと思ったのか」の原点回帰をしましょう。

誰かに背中を押してほしい場合は、転職経験者か転職エージェント等に相談するかと良いと思います。

親・上司などに相談すると引き留めに合うケースが大いにあるので、相談相手は慎重に選びましょう。

転職にあたっての相談・情報収集はこちらまでお願いします。

LINE登録 | ゴルフ練習場、ゴルフレッスンならアーリーバード.ゴルフクラブ

ご登録後【5日間】のみ
・転職の考え方
・職務経歴書の書き方
・面接対策等

について展開いたします。

ABOUT ME
川端 謙斗
エンジニアから営業マンに転職し、営業管理職をしておりました。 現在は株式会社オメガイノベーションの代表取締役をしています。 筋トレが趣味です。 築古物件投資もしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です