ビジネス

自信=自分への信頼

こんにちは。川端です。

皆様の周囲には
・自信に満ち溢れた人。
・自信がない人。
がいることでしょう。両者の何が違うんでしょうか。自信とは何なんでしょうか?営業であれプレゼンであれ、お客様は自分を通じて会社・職業・商品・内容を見ています。そんな自分に自信がなければ、全て曇って見えます。そこんとこ考察していきます。

人への信頼、自分への信頼

Aさん:言ったことを100%やる人
Bさん:言ったことをたまにしかやらない人

皆様どちらを信頼するでしょうか?

もちろん、Aさんですよね。
言ったことをやってくれない人は当然信頼できず、モノゴトを依頼したり、何かに誘ったりしなくなります。
僕もドタキャンを繰り返す人は二度と誘いません。

『自分への信頼』…つまり自信も『他人への信頼』と同様です。

「誰も見ていないからやめとこ」

と決めたことをやらない、サボる。
その行動、本当に誰も見ていないと思いますか?

もちろん自分が一番見ています。これを繰り返すと自分自身への信頼を『無自覚』に失っていきます。そして、何か新たなことを始めようとしても…

「俺なら、多分途中で逃げだしそう…」

と、サボる自分が潜在的に刷り込まれているので、『未来の自分』を信用できません。そして、何かチャレンジするときに自信がなく、一歩踏み出せなくなります。

逆に決めたことをやり遂げてきた人たちは、未来の自分を信用して思い切ったチャレンジができます。

自信の源は何?

僕自身も、理系から完全歩合の営業職に転職したとき、
「不安だけど、未来の俺がなんとかするだろう。」
と何の実力もなかった当時の決断を未来の自分に託せました。
それは、今まで逃げなかったからです。

大学院生時代、ドベの成績で1流の研究室に抽選で入ってしまいましたが、そこから勉強を重ね、助成金取得、研究成果を国際学会で発表、奨学金返済免除に至るまでの結果は出せました。

『過去の自分』への信頼を獲得していたので、『未来の自分』も途中で投げ出さず結果を残すだろうと信頼できました。

仮に過去に逃げていたら、何かに挑戦するときに

「辛いことがあったらまた逃げ出して、失敗するかもしれない」

と転職の決断はできなかったかもしれません。

つまり、自信とは過去の成功体験の積み重ねです。
自信がない人は、どんな小さなことでもいいので『決めたことをやる』という成功体験を積み重ねて、自分自身への信頼を取り戻してください。

ABOUT ME
川端 謙斗
エンジニアから営業マンに転職し、営業管理職をしておりました。 現在は株式会社オメガイノベーションの代表取締役をしています。 筋トレが趣味です。 築古物件投資もしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です