不動産投資

人に金は貸すな。貸す≒ドブに捨てると思ったほうが良い。

人に金を貸すと良い事は1つもありません。

過去に私は、35万円だけお金を貸したことがあります。彼との関係性は会社の元同期。私は元々人に貸さない主義だったのですが、個室に呼び出されて、見たこともない姿で懇願されました。

子供が3人いる。
妻が病弱。
金融機関からの督促がすごい
親も極貧で頼れない。
3ヶ月で返す。
死ぬ気で頑張るから。
ほんとにお願いします。

と。

かつて成績を残していた営業マンとは思えない姿にびっくりして、情も入ってしまい貸してしまいました。

あれから1年半。
当然返ってきてはいません。笑

計画性がないからお金を借りる状況になる。計画性がないからもちろん返済できない。当然ですね。

あとあと聞いたら別の人にも金を借りていたらしい。700万円ほど笑
パチンコ・ギャンブルにハマっていたらしい。金銭感覚が麻痺しており、気がついたら取り返しのつかないところまで来ていたって感じですね。

借金する人ってこんな感じなのかな?

私からお金を借りる時に「死んだほうがマシかな」と言っていましたが、それを聞いた私は「生命保険も失効してるし、その状態で死んだら、法定相続人の家族に負債を残すだけじゃね?」と後々思い無責任なやつだなと思いました。

お金の心配って脳のメモリの大半を使うらしく、思考もかなり鈍くなるらしい。

常に借金を返すことしか考えられなく、貧すれば人はどんな嘘でもつけるようになる。お金の不安は人格をも変えてしまう。怖いですね。

35万円という高い勉強代でしたが、知り合いに2000万貸して飛ばれた人がいたので、それに比べればラッキーでした。

まだ、僕は飛ばれていないし「金銭消費貸借契約書」を結んでおり、相手には子供もいるので生暖かく見守っております。

そして彼は今、気の毒になるくらいの超ブラック企業に転職してしまいました。でももうお金は貸しません。ちなみに自己破産も出来ない状況だそうです。

金銭消費貸借契約書のフォーマット
自己破産したら意味なくなるのかな?

覚悟がないのに、リスクある選択(起業など)をした結果ですね。

ちなみに、収入がゼロになるリスクがある中で金融機関などから融資を引っ張るなら「絶対に成功してやる」という【覚悟】がないと、取り返しのつかないことになります。

そして成功した後はマネーリテラシーをしっかりつけることです。成功は永遠には続きません。マネーリテラシーがあれば【見栄】のためにお金を使うことがバカらしく感じます。

見栄を張りたいなら資産から発生するインカムゲインの○○%の範囲の中で…とルールを決めましょう。

彼が負のスパイラルから自力で抜け出すことを祈っています。

ABOUT ME
川端 謙斗
エンジニアから営業マンに転職し、営業管理職をしておりました。 現在は株式会社オメガイノベーションの代表取締役をしています。 筋トレが趣味です。 築古物件投資もしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です