投資

死ぬまで続く『お金の心配』を消す方法

多くの人はお金による制約に対し

多くのストレスを感じています。

『お金を稼ぐためにやりたくない仕事をする』

『家族がいるから挑戦を諦める

『本当は欲しいけど、自分には必要ないと自己説得する』


ただし、これらの制約を取ると、

自分の世界が無限に広がります。

『年収は低くても本当にやりたい仕事に就く』

『生活費の心配をせずに思い切った挑戦をする』

『ずっと欲しかった憧れのモノを手にする

そんな時に、自分のまだ知らぬ感情に出会う事でしょう。

ただし、そのためには経済的自立が必要です。

(経済的自立:運用収益だけで生きていける状態)

では経済的自立のために何をすればよいのでしょうか?

結論をお伝えすると

…資産形成の『基礎』を学ぶことです。

…はい、当たり前すぎですよね。

当たり前なのですが、

お金のことになると多くの方が簡単に稼げる方法に飛びつき、

最終的に資産を大きく減らしています。

残念ながら高利回りの投資案件など普通の人には転がってきません。

99%が詐欺です。

逆にしっかりと基礎を学び・実践している人は

30代前半で既にFIREし、

今は自分の事業を起ち上げたりしています。

大きな資産を作るためにやるべきことは3つです。

  1. 目標設定する
  2. 手段を選定する
    (保険、不動産、証券、転職…)
  3. 実践&軌道修正する

この順序で実行し、

保険、不動産、証券、転職…

すべての『基礎』を叩き込むことです。

それぞれの資産形成の方法を学び、

自分に合っている方法を実行することが重要です。

そこで、6日間で大きな資産を作るための『基礎』をお伝えしていきます。


【自己紹介】

改めまして、オメガイノベーション代表の川端と申します。

現在は
転職エージェント、
営業プラットフォーム運営、
FP事業、不動産投資など、

個人の人生のターニングポイントで

ベストな選択ができるようにサポートしています。

私は北海道大学工学部出身で、

大学院では光ファイバ通信の研究をしており、

卒業後は大手通信会社(3大キャリア)に新卒入社しました。

そして、憧れだった一部上場企業の社会人になって思ったことは

「仕事が絶望的につまらない…お金も意外とない」

「…あれ、俺って何のために生きてるんだっけ?」

という事です。

上場企業に入れば、ビジネスマンとして活躍し、

好きなことが出来ると考えていました。

何ならタワマンに住めるとも思っていました。

(実際は、赤羽のアパートでした)

ビジネスマン 画像 | 無料のベクター、ストックフォト、PSD
一部上場企業のビジネスマンのイメージ

そして、このまま会社で昇進しても、

給料が少しだけ上がり

ちょっとだけ生活レベルが良くなる程度です。

私の上司が常々

「仕事にやりがいはない。義務でやってる!」

と言ってたので、

将来的に仕事が楽しくなるとも思えませんでした。

(世の中に必須な仕事であることは重々承知しています。)

就業中にも関わらずスマホで遊ぶ若い作業員の写真
実際の自分:夜勤、引きこもり、休憩中はトイレで携帯いじり

転職≒価値観が変わる大きな転機

f:id:sapiochannel:20180826200931j:plain
作業着から憧れのスーツ姿へ

そんな未来に期待感がなくなり、

「人生どうにでもなれ!」という勢いで

外資系保険のフルコミ営業に挑戦しました。

これが、お金に対する価値観・人生観の大きな転機でした。

エンジニアから未経験の営業への挑戦でしたが、

営業という仕事が思いの外楽しく、

一定の成果を出すことが出来ました。

3年で資産が増えて生活レベルも一瞬だけ大きく変わりました。

そして、以前よりも使えるお金が増えたことで

以下の事実に気が付きました。

「お金が全てではないが、全てのことにお金が密接に関わっている」

「お金の制約があると、感情よりも≪高いか安いか≫で判断する」

例)
・転職:やりがいではなく年収

・旅行:泊まりたいホテルより格安ホテル

・住宅:住みたい家より家賃が安い家

そしてこれから

増える税金や社会保険料

減らされる年金や退職金…

今、20・30代の方々は

お金による制約を大きく受けてしまう事でしょう。

現預金比率
日本:54.7%
米国:12.7%
英国:26.7%

また、上記は各国の現預金比率です。

日本人は貯蓄思考が強く

先進国の中で投資がほとんど根付いていない国です。

1992年までは定期預金の金利は年8%で

『10年で2倍』になる計算でしたが、

2021年1月現在では金利は年0.002%で

資産が2倍になるには

・・・『34658年』掛かります。

おそらく文明がいくつか終了しています。

そのため、

20~30代は資産形成の知識を積極的に取り入れ、

実践していく必要があります。

私自身、一時的にお金を得たことで、

制約が取り払われましたがフルコミ営業は長くは続きません。

一時的にお金を稼いでも、

お金の恐怖からは逃れられない宿命です。

むしろ、お金をある程度自由に使える世界を知ってしまった分たちが悪いです。

そこで、私は心の安定を求めるために、

増えた資産をストック収入に変えることにしました。

※ストック収入:毎月安定した収入

ストック収入に変える際に

巷の詐欺に騙されたり、

失敗を重ねながら

何とか月30-50万円の安定的なストック収入を作りました。

(詐欺や失敗がなければ100万円の予定でした…笑)

このストック収入ができたおかげで心の安定が生まれ、

リスクの大きな『起業』が可能となりました。

そして現在は

自分の好きなこと・やりたい事業をやっています。

そこで学んだことは

「お金があると、心置きなく挑戦できるようになる」

「適度な挑戦が生きている実感をもたらす」

「挑戦が自己成長に繋がり、さらにカネ・ヒト・モノを呼び寄せる」

ということです。

資産を作る方法

私が資産を作った方法は

  1. 大手企業入社
  2. 完全歩合制の仕事に転職し資産を一気に作る
  3. 資産を安定したストック収入化する

この方法は、

いわゆるアグレッシブタイプの人にしか向きません。

刺激的な人生ですが

②で失敗する可能性も大いにあります。

あまり再現性がなく自身の能力を客観的に見定める必要があります。

再現性が高い方法として以下の方法があります。

  1. 転職などに堅実に収入を上げる
  2. 保険・不動産・証券等で複利で資産を増やす。
  3. 安定したストック収入化する。

まず、全く貯蓄出来ない企業に勤めている方は資産形成の土台に乗っていないので、

①の転職をお勧めします。

少しでも市場価値を高めて転職準備を勧めましょう。

目安として32歳までに準備してください。

また②③に関しては、

保険・不動産・証券を学ぶ際に必ずと言っていいほど

営業マンのポジショントークに巻き込まれて損をしてしまいます。

なぜなら「お客様が払ったお金×〇〇%」

営業マンの報酬となるからです。

私も元保険屋で、

ポジショントークに偏らないように注意をしていましたが、

やはり保険しか扱っていない当時は

生命保険を優先してしまっていました。

ただし、生命保険なら「払済み」「減額」「契約者貸付」などの方法により

比較的柔軟に対処できますが、

特に不動産で失敗すると取り返しがつかないことになります。

基礎を叩き込み、信頼できるパートナー選定がとにかく重要です。

これまでに私は資産形成で失敗を繰り返しながら、

保険、不動産、株を活用した資産形成で一定の成果が出せました。

客観的な視点で、皆様が大きな資産を作るための基礎を6日間で展開いたします。

次回、

営業マンだった私だから伝えられる業界の落とし穴

についてお話しします。

ABOUT ME
川端 謙斗
エンジニアから営業マンに転職し、営業管理職をしておりました。 現在は株式会社オメガイノベーションの代表取締役をしています。 筋トレが趣味です。 築古物件投資もしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です