不動産投資

業者に草刈り依頼したら、知らん家の草木を伐採していた件

築古戸建てネガティブパート第3弾

呉市の都市部建築指導課より
「お前んち草ヤバいからなんとかしろ」
と通達がありました。

リフォーム業者がリフォームを圧倒的に遅延し、私も放置していたせいです。
送られてきた写真は以下の通り。

確かにこれはヤバイ。
野に返ろうとしています。
自然の力恐るべし。

という事で、近隣の方にもご迷惑をかけるわけにいかないので、すぐに業者に依頼。
お庭マスターという会社に連絡をし、
担当の方の電話番号を教えてもらう。

その電話番号に電話をすると

着信音が
「あぁ~~はぁ~~♪」という渋すぎる演歌

電話に出たのは広島弁が強めなおじいちゃん。

この時点で嫌な予感。

とはいえ、木の伐採も含め10万円と安くしてくださるとのことで依頼。

そして、しばらく日が経ち、本日自宅ポストに以下の写真と請求書が送られてきました。

ん~、これはどちらの家?しかも俺の名前違うし。

まさかと思い、すぐさま電話をすると
「あぁ~送る写真間違ったかもしれんけ~」
とのことで来週送ってくれるとのこと。

嫌な予感はまだ覚めず、
呉市の都市部建築指導課へ調査依頼。

すると現地の状況は…

この状態のままとのこと。


呪われてるんか俺は

ABOUT ME
川端 謙斗
エンジニアから営業マンに転職し、営業管理職をしておりました。 現在は株式会社オメガイノベーションの代表取締役をしています。 筋トレが趣味です。 築古物件投資もしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です